'.$productname.'
パワーアンプ

CM-6000

50W×6ch ODNFパワーアンプ マルチchモデル

音楽を体感する。感性で聴くパワーアンプ。ブランニュー・ネクスト。
CMシリーズ3モデル、発進。

音にこだわりぬく高級ホームオーディオシーンにあって、つねに最前線を走り続けるラックスマン。
75年を越えるアンプづくりの歴史、そこで培った技術と感性を活かし、カーオーディオという新しいフィールドに挑んだ。ホームオーディオの圧倒的なサウンドクオリティを車室という過酷な空間の中で活かし切る。その成果として1999年に発表したCMシリーズは、専門誌のバイヤーズチョイスで5年連続No.1を獲得(2004年現在)。しかし、ラックスマンは踏みとどまらない。前作CMシリーズを細部にわたって全面的に練り直し、ホームオーディオに注がれる最新技術をふんだんに投入した。CMシリーズのネクストエイジ、3モデル。航空機のフライトレコーダーを思わせるそのフォルムが、そのスケールが、なによりもその音が、車室に異次元空間を創出する。

ハイエンドを聴くその快楽をマルチに広げた。

シネマサラウンド、マルチウェイ、BTLなどカーオーディオの楽しみを多彩に広げる50W×6チャンネル・パワーアンプ。アンプの各チャネルはブロック毎に独立コンストラクションした完全な6入力6出力構成。これにより1台で6,5,4,3チャンネルといった多種の出力構成で3Wayマルチへの対応も万全。いずれの使用環境にあってもハイクオリティな音質を実現している。また、ブリッジ接続時には200W×3チャンネルのハイパワーアンプとしての使用も可能。高いドライバビリティを必要とするシステムにも余裕で対応するポテンシャルを確保した。

すべてのチャンネルで設定を可能にした独立ボリューム搭載

ネクストエイジCMシリーズは全てのチャンネルに独立レベル調整ボリュームを搭載。これによりパワーアンプ部においてチャンネル毎の細かなゲイン設定を可能にした。また、2chブロック毎に入力感度、ダイレクトポジション、ブリッジ接続のON/OFF設定スイッチを搭載。

スペック

連続実効能力50W×6ch(4Ω) 200W×3ch(4Ω、MONO)
入力感度・インピーダンスNORMAL(LOW)0.5V/20kΩ (HIGH)2.0V/3.1kΩ
DIRECT0.5V/25kΩ
S/N比(定格出力)105dB以上(IHF-A補正、入力ショート、DIRECT)
全高調波歪率0.005%以下(4Ω、1kHz、DIRECT)
0.008以下(4Ω、20~20,000Hz DIRECT)
周波数特性20~20,000Hz(+0、-0.2dB、DIRECT)
5~100,000Hz(+0、0.2dB、DIRECT)
ダンピングファクター100以上(4Ω、1kHz、DIRECT)
ダンピングファクター100以上(4Ω、1kHz、DIRECT)
バッテリー電圧DC12V
消費電力27.6W(2.3A、無信号)
552W(46.0A、4Ω、定格出力)
外形寸法670(幅)×302(奥行き)×76(高さ)mm
重量12.6kg(本体)
付属装置RCA入力端子、バランス入力端子(CM-2000、CM-4000)、
スピーカ出力端子、リモート端子、グラウンド端子、
バッテリー端子、ヒューズ、調整ボリューム、
モード切換えスイッチ、インプットレベル、
インプットレベルセット・スイッチ、
インプットセレクター・スイッチ、
インジケーター(OPERATION、PROTECTION)
付属品取り付けビス、六角レンチ、取り扱い説明書、保証書
※規格および外観は予告なく変更することがあります。