HOME > 製品情報 > フォノイコライザーアンプ > フォノイコライザーアンプE-1
フォノイコライザーアンプE-1
音楽を慈しむ心と数枚の名盤、ターンテーブルとカートリッジ、そして誰にも邪魔されない自分だけの時間と空間。デジタル・ソースに取り囲まれる中でアナログディスクを聴く贅沢は、豊潤にして繊細な音と響きの中に、自分と音楽との濃密な邂逅を見出す歓びと言えるでしょう。 フォノ・イコライザーE-03でアナログ愛好家の絶大な支持を獲得しているラックスマンは、その純粋なアナログ再生に賭ける情熱をさらに昇華させて上級モデルE-1を誕生させました。接続するカートリッジを音楽に対して最適化するアーティキュレーター・ポジションを新たに搭載。フォノ・イコライザーを単体として独立させ、徹底したピュアネス志向をつらぬくE-1が、聴きなれたディスクの一枚一枚から思いがけない音楽感銘を引き出します。アナログ愛好家の熱烈な思いが、またひとつ形に。

新搭載アーティキュレーター・ポジションが、カートリッジを音楽に対して最適化。

再生する音楽の信号電流でカートリッジをなじませる機能「アーティキュレーター・ポジション」を搭載。インピーダンス切り替えスイッチをこのポジションにして音楽を再生すると、カートリッジの再生能力がその音楽に最適になるよう調律されていきます。音がハッキリしない、立ち上がりが悪い、楽しくない。そう感じられた時などにこの機能を使用することで、カートリッジの特性を最大限に引き出すことができます。

NF型イコライザー+CR型回路搭載で極限的にフラットなRIAAカーブを実現。

NF型イコライザーは回路がシンプルなためS/Nの確保に有利ですが、補正周波数特性の高域上昇の問題が指摘されています。E-1ではコンピューター・シミュレーションを駆使したNF型イコライザー+CR型(超高域専用)の組み合わせによってこの問題を解決し、きわめてフラットなRIAAカーブを達成しています。音質に影響を与えず、自然な音楽再生を実現するための帰還回路技術を徹底して練り上げるとともに、E-1専用に開発した高精度、低歪率パーツをふんだんに利用することで、RIAA偏差を30~20kHz時に±0.2dB以内、さらに20~100kHz時でも±0.5dB以内とRIAAカーブを極限的な精度にまで高めています。

専用機としてのこだわりを注いで、MM/MC完全独立4アンプ構成を採用。

NF型イコライザーは回路がシンプルで構成でき、S/N面で有利と言えるものの、補正周波数特性の高域上昇の問題がかねてから指摘されていました。E-1ではコンピューター・シミュレーションを駆使した定数決定によってこの問題を解決し、きわめてフラットなRIAAカーブを実現しています。帰還回路部には、ラックスマンのオリジナル回路として評価の高いAC/DC別帰還のデュオベータ回路を起用。また、E-1専用に新開発した高精度・高音質パーツをふんだんに採用することなどで、RIAA偏差を30~20kHzで±0.2dB以内、さらに20~100kHzでも±0.5dB以内とRIAAカーブを極限的な精度にまで高めています。

多種のカートリッジに対応するため、MM/MC3段階のインピーダンス切り替え。

さまざまなカートリッジを取り替えて音楽の表情を楽しむ。これはアナログ愛好家の醍醐味のひとつです。E-1ではMM/MCそれぞれに3段階のインピーダンス切り替え機能を装備し、より多くのカートリッジへの対応を可能にしました。

MM/MCはアースごとオーディオリレーによって切り替え。

音楽信号をピュアに伝送するため、MM/MC用イコライザーの切り替えはアース側までオーディオ専用リレーによって切り替える方式を採用しました。

各回路基板は最適な位置に分離配置し、シールド隔壁によってノイズを遮断。

微小レベルのアナログ信号は外来ノイズや干渉ノイズの影響を受けやすいデリケートな特性を備えています。E-1はリレーコントロールなどのアクセサリー回路に至るまですべての回路をディスクリート構成として最適な位置に分離配置し、シールド隔壁によりノイズを隔絶。こうした細部への徹底したこだわりが、より良質なアナログ再生へと結実します。 

入力は2プレーヤー、ツインアームにも対応。フロント切り替えの2イン1アウト方式。

2台のプレーヤーや、ツインアーム方式のプレーヤーに対応するよう、2系統の入力をフロントパネルで切り替え可能。選択された入力信号はひとつの出力端子から自動的に取り出される2イン1アウト方式を採用しました。

ラックスマン独自のオーディオ用カスタムパーツをふんだんに投入。

瞬時放電特性に優れ、音楽信号へのカラーレーションを排除したブロックコンデンサー、音楽ソースを鮮明な解像度で描き出す高情報量・超低歪特性の大容量抵抗器など、音質へのこだわりを注いだオリジナルのオーディオ用カスタムパーツをふんだんに採用しています。

コントロールアンプ上に設置可能な、薄型筐体の高級感あふれるボディ。

他のオーディオコンポーネント上との組み合わせに配慮し、コントロールアンプなどの上に容易に設置できる薄型タイプの筐体。優れたスペースファクターだけでなく、高級感あふれるフロントパネルのアルミヘアラインと金色ロゴベースは、あらゆる高級オーディオ機器との理想的なマッチングを実現します。

ページTOP
ページTOP

スペック

MM MC
方式 MM/MC独立NF型イコライザー+CR型
入力感度 4mV 0.2mV
入力インピーダンス Low 34kΩ 28Ω
Mid 50kΩ 106Ω
High 75kΩ 560Ω
利得 1kHz 36dB 62dB
リアカーブ偏差 30- 20kHz ±0.2dB
20- 100kHz ±0.5dB
出力電圧 1kHz 250mV
出力インピーダンス 230Ω
S/N比 IHF-A 103dB 83dB
チャンネルセパレーション 10kHz 90dB以上
消費電力(電気用品安全法の規定による) 11W
外形寸法 467(幅)x82(高さ)x404(奥行き)mm
重量 9.0kg(本体)
※規格および外観は予告なく変更することがあります。
ページTOP

製品カテゴリ

総合カタログ

カタログをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。

取扱説明書の検索
製品検索
カー製品情報
バージョンアップ情報