HOME > 製品情報 > プリメインアンプ > プリメインアンプL-509X
プリメインアンプL-509X
ワンボディセパレート―。セパレートアンプのクオリティとプリメインアンプの高機能をワンボディに集約する。ラックスマンの提唱するプリメインアンプの理想形への追求は、2002年に発表されたL-509fSEから始まり、このL-509Xによってここに結実しました。プリメインアンプL-509Xは、新LECUA1000の搭載、プリアンプ回路の出力段にはディスクリート構成のバッファー回路、独自の増幅帰還回路ODNF Ver.4.0や、LR独立ブロックコンデンサー、ハイエンドモデルのみに許された高音質パーツの数々。ラックスマンのアンプ技術の粋を惜しみなく注ぎ込み、今まで辿り着くことのなかった未踏の境地へ踏み出しました。新たなカテゴリーを創造する究極の“ワンボディセパレート”L-509X誕生―。
製品カタログ
革新の増幅帰還回路、ODN F Ver.4.0

革新の増幅帰還回路、ODN F Ver.4.0

独自の負帰還回路ODNFは、増幅回路の出力から歪成分のみをフィードバックさせ、初期スルーレートの速さと超広帯域を獲得するラックスマンのサウンド思想の根幹となっている回路です。L-509Xが採用する最新版のODNF Ver4.0は、誤差検出回路の初段の3パラレル化により歪みの検出精度を向上し、増幅回路の初段をパラレル、2段目をダーリントン接続とすることで、低インピーダンス化、高S/N 比を実現しました。出力段はパワーアンプM-700uと同等の3段ダーリントン4パラレルプッシュプル構成を誇り、120W+120W(8Ω)、240W+240W(4Ω)と完全な出力リニアリティを達成。あらゆる特性のスピーカーを十全にドライブし、音楽のダイナミズムと豊かな音楽表現を高次元で両立しました。

※ODNFはOnly Distortion Negative Feedbackの略称です。

機能とデザインに優れた筐体構造

機能とデザインに優れた筐体構造

L-509X の筐体には、開口部を広げ放熱効果を高めた美しいヘアライン仕上げのトップパネル部や、アースインピーダンスの上昇を抑える、ループレスシャーシ構造を採用。LED によるホワイトイルミネーション針式アナログメーターとともに、流麗かつ重厚なアピアランスを演出します。

ダイレクト操作が可能なファンクション

ダイレクト操作が可能なファンクション

L-509Xは、MM/MC 対応の高品質なフォノアンプを内蔵。バス/トレブル・トーンコントロールや、LECUA によるLR バランス調節、プリ/パワー分離機能、ラウドネス機能、ヘッドフォン出力などプリメインアンプに備えるべき高機能を音質に妥協すること無くワンボディに集約しています。

カッパーアロイ端子

カッパーアロイ端子

L-509XのLINE-1 入力には、銅と同等の導電率と真鍮の硬度を併せ持つ、高性能カッパーアロイ製RCA 端子を装着。電源部品や小型可変抵抗、Yラグとバナナ端子にも対応したハイグレードなスピーカー端子など、フラグシップモデルに相応しいカスタムパーツをふんだんに採用しました。

グラデーション鋳鉄レッグ

グラデーション鋳鉄レッグ

共振を排除するグラデーション鋳鉄製レッグを脚部に装着し、徹底した振動対策を施しました。また、金メッキと非磁性処理したACインレット、電源ケーブルはトップエンドモデル専用のJPA-15000 を採用。標準付属品としてアルミ製・高級リモコンを用意しました。

大容量電源回路

大容量電源回路

L-509X の全てのパワーの源というべき電源部には、600VAのEIコア型電源トランスに、LR独立(10,000μF×各4本)、総合80,000μFものカスタム仕様大容量ブロックコンデンサーを組み合わせ、あらゆる負荷変動にも揺るがないハイイナーシャ(高慣性)電源を搭載しました。

ディスクリートバッファー回路

ディスクリートバッファー回路

L-509X は、プリアンプ回路の出力段にトップエンドモデルC-900uと同等のディスクリートバッファー回路を搭載。“パワーアンプドライバー”として、音楽信号の純度を守りながら、次段に接続されるパワーアンプ部を強力にドライブします。

音質最優先設計

音質最優先設計

アンプ基板には音質に悪影響を与えるレジストを廃したピールコート基板を採用。スムーズで滑らかな信号伝送を実現するラウンド配線パターンや、回路設計が最も合理的かつ短い配線経路となるビーライン・コンストラクションなど、細部にわたり音質を最優先した設計です。

高ダンピングファクターの達成

高ダンピングファクターの達成

L-509X の強大な電源・出力回路による圧倒的な駆動力をロスなく伝えるため、低抵抗値の大容量スピーカーリレーをパラレルで接続。また、アンプ基板出力に3.5mm2の極太ワイヤーを使用することで、ダンピングファクターは370を達成。あらゆるスピーカーを正確にドライブします。

高純度電子制御アッテネーター、新LECUA1000

高純度電子制御アッテネーター、新LECUA1000

プリアンプ・セクションの心臓部ともいうべき最も大事な音量調節部。L-509Xは、コントロールアンプのトップエンドモデルC-900u 同様、アンプ回路一体型・電子制御アッテネーター新LECUA1000 を搭載しました。88ステップのスムーズできめ細やかな音量調節を実現しながら、どのポイントの音量調節においても音質劣化を最小限に抑えることを可能にしました。新LECUA1000 はアッテネーター回路と増幅回路の基板をダイレクトに接続し、立体配置する3Dレイアウトを採用。信号経路の最短化と高効率化を両立しています。さらにこの方式は外来振動の影響や音量位置による音質の変化が極めて少なく、経時変化や耐久性にも非常に優れています。

※ LECUA はLuxman Electric Controlled Ultimate Attenuatorの略称です。

ページTOP
ページTOP

スペック

定格出力 120W+120W(8Ω)
240W+240W(4Ω)
入力感度 / 入力インピーダンス PHONO(MM): 2.5mV / 47kΩ
PHONO(MC ): 0.3mV / 100Ω
LINE : 180mV / 47kΩ
BAL.LINE : 180mV / 55kΩ
MAIN-IN : 1.1V / 47kΩ
出力電圧 REC OUT:180mV
PRE OUT:1V
周波数特性 PHONO : 20Hz~20kHz(±0.5dB以内)
LINE : 20Hz~100kH(z -3.0dB 以内)
全高調波歪率 0.007% 以下(8Ω、1kHz)
0.06% 以下(8Ω、20Hz~20kHz)
S/N比(IHF‐A) PHONO(MM): 91dB 以上
PHONO(MC ): 75dB 以上
LINE :105dB以上
音量調節 新LECUA1000
増幅回路 ODNF4.0
出力構成 バイポーラ・4パラレルプッシュプル
電源トランス EI型600VA
ダンピングファクター 370
トーンコントロール最大変化量 BASS : ±8dB at 100Hz
TREBL E : ±8dB at 10kHz
電源電圧 AC100V(50 / 60Hz )
消費電力 360W(電気用品安全法の規定による)
120W(無信号時)
0.4W(スタンバイ時)
外形寸法 440(幅)×193(高さ)×463(奥行き)mm
奥行きは前面ノブ20mm、背面端子37mmを含む
重量 29.3kg(本体)、37.0kg(標準梱包)
付属品 リモコン(RA-17A )
電源ケーブル(JPA-15000 : 極性マーク付)
※マルチファンクション・ディスプレイに表示される出力電力は皮相電力(VA)のため、接続している機器の消費電力(W)よりも大きな値となります。
※出力電力が定格の1,200VAを超えた場合、安全のためサーキット・プロテクターが作動し電源がOFFになります。
※規格および外観は予告なく変更することがあります。
ページTOP

製品カテゴリ

総合カタログ

カタログをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。

取扱説明書の検索
製品検索
カー製品情報
バージョンアップ情報