HOME > 製品情報 > 真空管アンプ > 真空管プリメインアンプLX-32u
真空管プリメインアンプLX-32u
真空の中に込めた思い―。音楽への情熱が心を満たすひととき。 整然と並んだ8本の出力管は出力競争のためのものではありません。 歌い手が声に込めた思いを、吐息の温もりを伝えたい。 ソロ奏者とバックの間に漂う、阿吽の呼吸を表現したい。 LX-32uは、そうした音楽の細やかな息遣いをリスニングルームへ再現するため、 最もふさわしい器として、真空管による出力段を選びました。 ラックスマンの長きにわたるアンプ作りの知見から導き出された、 贅沢な出力構成と最新の回路技術が、 音楽本来が持つ佇まいや世界観をよみがえらせ、 自然と心を開く、くつろぎと安らぎの時間を約束します。
製品カタログ
感動と情熱を伝えるために用意した広大なる音楽の土台パラレルプッシュプル構成の余裕ある出力段

感動と情熱を伝えるために用意した広大なる音楽の土台パラレルプッシュプル構成の余裕ある出力段

LX-32uの定格出力は、一般家庭における必要にして十分な16W+16W(6Ω)です。これはEL84 を使用した通常のシングルプッシュプルのアンプでも実現可能な数値。しかし1925年の創業以来 、数々の真空管アンプを世に送り出してきた経験から、ラックスマンでは音楽が本来持つ真の感動を表現するため、またアーティストの情熱を伝えるため、定格出力の数値を誇るよりも、動作条件 を欲張らず、真空管や周辺パーツにゆとりを持たせ、土台を堅固にすることが大切だと考えました 。LX-32uは、ドライバー段にしなやかさと力強さを兼ね備えたムラード型(カソード直結方式)回 路を、出力段には24時間のエージング後に選別し、特性を合わせたEL84(6BQ5)を8本使用した 5極管接続のパラレルプッシュプル回路を採用。これまで上級モデルのみに許されてきた余裕ある 設計により、真空管の長寿命化と音楽ファンを惹きつける魅力的な音質の両立に成功しました。

豊富な機能をより使いやすく伝統のレイアウトを復刻

豊富な機能をより使いやすく伝統のレイアウトを復刻

オーディオ機器にとって、最優先すべきは音質です。しかし趣味製品として、見て愉しむデザインや、触れて愉しむフィーリングも疎かにすることはできません。LX-32uでは、8mm厚のアルミ板材に精緻なヘアライン加工のフロントパネルや、天然木突き板仕上げを施した伝統のロ(ろ)の字型木箱ケースの優雅な外装と、アルミ削り出しのノブや上下レバースイッチにより、往年のレイアウトを復刻し、ラックスマン・プリメインアンプシリーズならではの多 機能を操作する歓びを提供します。

よりきめ細かな調節を可能とした3段階切替式トーンコントロール

よりきめ細かな調節を可能とした3段階切替式トーンコントロール

録音年代や設置環境などによる音質の違いに柔軟に対応する機能性を有すること。このプリメインアンプとしての使命を具現化するため、LX-32uはバス/トレブル独立の連続可変トーンコントロールを装備しました。バス/トレブルともにそれぞれ3段階のターンオーバー周波数を切り替えることができ、リスニング条件に合わせて、特定の帯域に絞った、きめ細かな音質の調節が可能です。

幅広ピッチのRCA入出力端子バナナ/Yラグ対応大型スピーカー端子

幅広ピッチのRCA入出力端子バナナ/Yラグ対応大型スピーカー端子

RCA入出力端子には、大型のプラグが装着された高級RCAケーブルも余裕を持って確実に接続できるように、取り付けピッチを18mmとした幅広タイプを採用しました。スピーカー端子も極太のケーブルをしっかりと締め込むことが可能な大型タイプで、バナナプラグやYラグにも対応。2系統のスピーカーを接続でき、フロントパネルのスイッチで切り替え可能です。

横幅400mmのコンパクトな筐体に搭載した 大容量・高品位の電源回路

ソリッドステート方式のアンプに比べてパーツ構成がシンプルな真空管アンプでは、電源をつかさどるトランスとコンデンサーの品質が音質に大きく影響します。LX-32uでは、横幅400mmというコンパクトな筐体に、大容量の電源トランスと、瞬時の電流供給能力に優れた高品位なブロックコンデンサーを組み合わせることで、瞬発力と安定性を兼ね備えた電源回路を構成しています。この強力なバックボーンが、EL84×8本の大規模な出力回路にあふれるほどの電源エネルギーを供給し、LX-32uの高いパフォーマンスと厚みのある音楽表現を可能にしました。

録音入出力、ヘッドホン端子など 豊富な機能を使いやすく集約

録音入出力、ヘッドホン端子など 豊富な機能を使いやすく集約

LX-32uは、往年の銘機を想起させるデザインに、最新のプリメインアンプと変わらない高い拡張性を備えています。AVアンプによるマルチスピーカーのサラウンド環境と、本機による2チャンネルのステレオ環境を共存させるために、プリ/パワー間をワンタッチで分離するセパレート・スイッチの装備や、テープデッキなどの録音再生機器を接続可能なレコーダー入出力端子、そして、深夜のリスニングにも便利なヘッドフォン端子も標準プラグ仕様で搭載しています。

手になじむアルミ製小型リモコン 着脱可能のリファレンス電源ケーブル

手になじむアルミ製小型リモコン 着脱可能のリファレンス電源ケーブル

手にしっくりとなじむ、アルミ製小型リモコンRA-19を標準装備。リスニングポジションにいながら、ミュートを含む音量操作が可能です。電源ケーブルには、極太のOFC導体をノンツイスト構造で使用した、ラックスマンのリファレンスであるJPA-10000を付属しています。

アナログの芳醇をより深く味わうため本格的なフォノアンプ回路を搭載

歴史的な名盤や自分だけの愛聴盤を慈しむように聴き入る。そんなアナログ再生の醍醐味を堪能していただくため、LX-32uは本格的なアナログレコード再生を実現する、MM/MC対応のフォノイコライザーアンプを内蔵しています。レコードの反りを原因とした不要な低周波信号を排除するローカット・スイッチや、モノラル盤をかける際にLchとRchを同一の信号で動作させる専用のモノラル・スイッチも装備し、高い利便性とともに、アナログの芳醇な世界をより深く味わうことができます。

長期間の使用における音質劣化を抑える厳選の高品位リレーと高音質パーツ

入出力や各種機能の切り替えには、性能の経時劣化が極めて少ない、オーディオ専用設計のリレーを採用。内部配線がシンプルになることでの音質向上や、接触不良などのトラブルを排除しながら、長期に渡って回路の高性能を保ちます。また各増幅回路の主要部には、徹底した試聴によりじっくりと時間をかけて選定したオーディオ専用の高音質パーツを投入。品位を重視したこだわりのパーツを最適な箇所に使用することで、音の純度を高め、ラックスマン伝統のサウンドへと磨き上げました。

真空管に優しい長寿命設計安心の長期間サポート

真空管に優しい長寿命設計安心の長期間サポート

LX-32uは、動作電圧や放熱構造に余裕を持たせた設計ポリシーにより、長期間に渡る使用においても、真空管や各パーツの消耗が少なく、性能を維持したまま、安心してお使いいただけます。また、万が一の場合にも、1925年の創業以来、これまで発売した多くの製品のメインテナンスをし続けている万全のサービス体制が、ユーザーの皆様のオーディオライフをしっかりとサポートいたします。

ページTOP
ページTOP

スペック

連続実効出力 16W+16W(6Ω)、15W+15W(8Ω)、12W+12W(4Ω)
入力感度/入力インピーダンス PHONO(MM): 3.0mV / 47kΩ
PHONO(MC): 0.38mV / 100Ω
LINE : 180mV / 47kΩ
MAIN-IN : 650mV / 47kΩ
出力電圧 REC OUT : 180mV、PRE OUT : 1V
周波数特性 PHONO : 20Hz~20kHz(±0.5dB)
LINE : 20Hz~80kHz(+0、-3.0dB)
全高調波歪率 1%以下(6Ω、1kHz)
S/N比(IHF-A) PHONO(MM): 84dB以上
PHONO(MC): 67dB以上
LINE : 95dB以上
回路方式 ドライバー: ムラ-ド回路、出力: 5極管接続
使用真空管 EL84×8本、ECC83×1本、ECC82×2本
出力構成 パラレルプッシュプル
トーンコントロール最大変化量 ±8dB、ターンオーバー周波数切替式
BASS : 150 / 300 / 600Hz、TREBLE : 1.5k / 3k / 6kHz
電源電圧 AC100V(50 / 60Hz)
消費電力 115W(電気用品安全法の規定による)
外形寸法 400(幅)×166.5(高さ)×400(奥行き)mm
奥行きは前面ノブ25mm、背面端子25mmを含む
重量 19.5kg(本体)
付属品 リモコン(RA-19)
電源ケーブル(JPA-10000 : 極性マーク付)
※規格および外観は予告なく変更することがあります。
ページTOP

製品カテゴリ

総合カタログ

カタログをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。

カー製品情報
バージョンアップ情報
製品検索